特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

特定健康診査(特定健診)・特定保健指導とは?

偏食、運動不足、喫煙、ストレスは、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などの原因となります。その状態を放置すると、生活習慣病と糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を引き起こし命にかかわる病気に掛かる可能性が高くなります。これら生活習慣病の予防のために、40歳 から74歳 までの方(被保険者・被扶養者)を対象に、メタボリックシンドロームに主眼を置いた健康診査が平成20年より義務付けされています。これを特定健康診査(特定健診)といいます。この特定健診の結果から、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が期待できる方に対し、管理栄養士や医師・保健師などの専門スタッフが生活習慣改善のためのアドバイスをします。この事を(特定保健指導)といいます。

特定健診・特定保健指導の目的

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。
特定健診・特定保健指導では、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。

特定健康診査(特定健診)とは

特定健康検査(特定健診)とは、生活習慣病予防のために、その前段階のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる者と予備群と考えられる者を生涯にわたって生活の質の維持・向上のために、生活習慣を見直すための手段として重点を置いた取組です。

特定健診の基本的内容

  • 質問票(病歴、服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲<内臓脂肪面積>等)
  • 理学的検査(身体診察)
  • 血圧測定
  • 血液科学検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)

特定健診の詳細内容

前年度の検査結果や、医師が必要と認められた人について、詳細な検診を受診する。

  • 心電図検査(前年の検診結果において)
  • 眼底検査
      前年の健診結果等において
      1. 血圧、2. 脂質、3. 血糖、4. 肥満の全ての項目
  • 貧血検査
      貧血の既往歴を有する者又は視診等で貧血が疑われる者

判定基準

  1. 血糖
    1. 空腹時血糖100mg/dl以上又は
    2. HbA1cの場合5.2%以上
  2. 脂質
    1. 中性脂肪150mg/dl以上又は
    2. HDLコレステロール40mg/dl未満
  3. 血圧
    1. 収縮期130mmHg以上又は
    2. 拡張期85mmHg以上
  4. 肥満
    1. 腹囲M≧85cm、F≧90cm又は
    2. BMI≧25
特定保健指導について

特定保健指導

diet

特定保健指導の目的は、対象者が自分の健康状態を自覚し、生活習慣改善のために自主的な取り組みを継続的に行うことができるようにし、対象者が健康的な生活に自ら改善できるようなアドバイスや働きかけを行います。

特定保健指導は、階層化基準により、 「動機付け支援」 「積極的支援」 に該当した人に対して実施されます。

特定保健指導選定ステップ

特定健診の結果をもとに階層化を行い保健指導内容を判定します。

【ステップ1】 内臓脂肪蓄積のリスクを判定する

  1. 腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上
  2. 腹囲は上記未満だが、BMI[体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m) ]が25以上

【ステップ2】 検査結果、質問票から追加リスクをカウントする

1から3はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の判定項目、4その他の関連リスクとし、4喫煙歴については、1から3のリスクが1つ以上の場合にのみカウントする

  1. 血糖
    • 空腹時血糖が100mg/dl以上 または
    • HbA1c:5.6%以上 または
    • 薬剤治療を受けている場合(質問票より)
  2. 脂質
    • 中性脂肪が150mg/dl以上 または
    • HDL(善玉)コレステロールが40mg/dl未満 または
    • 薬剤治療を受けている場合(質問票より)
  3. 血圧
    • 収縮期血圧が 130mmHg以上 または
    • 拡張期血圧:85mmHg以上 または
    • 薬剤治療を受けている場合(質問票より)
  4. 質問票の喫煙歴があり

【ステップ3】 ステップ1、ステップ2から保健指導のレベルをグループ分けをする

【ステップ1】 【ステップ2】 【ステップ3】
(1)のリスクに該当した場合(腹囲測定) 1〜4のリスク数が 2つ以上 積極的支援レベル
1つ 動機付け支援レベル
情報提供レベル
(2)のリスクに該当した場合(BMI) 1〜4のリスク数が 3つ以上 積極的支援レベル
1つ又は2つ 動機付け支援レベル
情報提供レベル

【STEP4】 保健指導レベルにあわせた保健指導

積極的支援者向け

  • 医師・保健師・栄養管理士等の専門家チームからの指導
  • 支援期間:3か月以上複数回、定期的な働きかけ
  • 対象者にあわせたアドバイスと行動計画の作成
  • 行動計画の効果測定と評価
  • メール、電話、来院等による支援

動機付け支援

  • 医師・保健師・栄養管理士等の専門家チームからの指導
  • 1回の動機づけ指導、もしくは効果測定と評価
  • 対象者に合わせた行動計画書の作成
weight_s